読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Living March

ライブは続けたいよいつまでも。

SCOOBIE DO 晩秋アコースティックFunk-a-lismo! in 城下公会DO

Living Music SCOOBIE DO

初のアコースティックライブを岡山にて。
なかなかないフルセットのアコースティックライブを観れて、本当によかった…!


**********

SCOOBIE DO
晩秋アコースティックFunk-a-lismo!
in 城下公会DO
2015年11月25日(水) 19:00/19:30
城下公会堂

1.時にはマイルスみたいに
2.Funky Way
3.Breakin’ Beaters
4.RIDE ON TIME
5.砂のお城
6.ラストナンバー
7.笑う女
8.美しく燃える森
9.ミラクルズ
10.美しい日
11.最終列車
12.イキガイ
13.バンドワゴン・ア・ゴーゴー
14.真夜中のダンスホール
15.新しい夜明け

En.夕焼けのメロディー

**********


整理番号30後半、3列目の下手側に着席。
いつもの上手ではなく下手側に行ったのは、そこに壁があって凭れたかったから(前から数列は丸椅子だった) 。
でも今日はナガイケ氏のアップライトベースっぷりも見れたし、コヤマ氏&リーダーがちょうど見やすい位置にいてたしで、下手側で正解だったように思います。

フロアのほぼ中央に通路スペースが設けてあり、いつものSE流れたあと客席後方の店入口から登場。
衣装はいつものスーツのジャケットなしで、コヤマ氏含め全員ベスト着用。コヤマ氏のネクタイ&ベストのカッツリさが新鮮でした。
モビーさんはパーカッション時々ドラムセット。ナガイケ氏はアップライトとエレキベースが半々ぐらい。
リーダーはほぼアコギ、エレキがちょっと。コヤマ氏はハープ多め。


頭2曲はアコースティック感ありましたが、Breakin’ Beatersで『アコースティックなのにこんなにファンキーさ出せるのか!』と驚きました。
アコギなのにカッティングがエグい!この曲ラップ的に言葉乗せて歌う曲なのに、アコースティックなのにちゃんとカッコよかった。
ここで改めて思うわけです『あぁこの人たちやっぱり上手い…!!!』と。
途中のMCで冗談混じりに言ってましたが、ぽっと出のバンドにはこれは出来ません。地力ないと、こんなに魅せれないです。いやぁほんっとすごい。


MC。
コ「俺たちが、君が愛してやまないSCOOBIEDOですどーぞよろしく!」
コ「ここは初めて来たんだけれど。外ガラス張りなんだよね、中のランチキ騒ぎが白日の下に……さっき歌いながら"白いベスト着てる奴カッコいいなぁ"と思ってたらガラスに映った俺でした(キリッ」

コ「今日は晩秋アコースティックということでこの格好で」
マ「集合したら(白スーツ氏が)ベスト着てて」
コ「"あぁ今日はそういう感じなんだ…"って言ってたね」
マ「なんかエグゼクティブな獣医みたいだねw」
コ「エグゼクティブな獣医!?wこういう感じ?(左手を掲げる)」
マ「どういうこと?w」
コ「ゴム手袋つけてるの(マイク持ち直して右手を掲げる)」
最初左手掲げたとき、完全に婚約指輪見せる的ポーズだったので『金持ちアピール?』と思ったらゴム手袋でしたw


2ブロック目のRIDE ON TIME→砂のお城→ラストナンバーの流れは、晩秋なのに夏の香りがしてキュンキュンしっぱなしでした。
特に「アコースティックでやりたくなる曲」としてコヤマ氏が紹介した『砂のお城』はよかった…リーダーのアコギがほんといいとこついてくるんです…


MC。
コ「アコースティックということで、ナガイケくんもいつもとは違うベースを。カブトムシみたいな。カブトくん」
ナ「これはアップライトベースと言います」
コ「何が違うんですか?」
ナ「ウッドベースを…簡単にしたやつです!」
コ「えぇなえぇな、そのざっくりした感じいいなぁw 音もエレキと違うんですか?」
ナ「違い、ますか?(客に向かって)そう聞こえてたらいいです」
コ「こんの小生意気なこと言って!w そういうのどんどん言っていこう!」


『笑う女』イントロ前のセッション的演奏、アコギでえぇ音鳴らすリーダーを煽るコヤマ氏。まぁまぁな時間ずーっと絡む。
『美しく燃える森』念願の生!!!
この曲では、モビーさんドラムセット・リーダーエレキ・ナガイケ氏アップライトという最強の布陣。
スカパラMVだと川上さんウッドベースなんですよ。なのでね、より近い感じで…とにかくめっちゃよかった!


どこかの曲前のコール&レスポンス。
「Funky4!」「PlusOneMore!」「岡山!」「城下!」ときて「公会DO!」と言ったコヤマ氏を『…ん?』という表情で見たリーダーが良かったですw
あと何かの曲(イキガイ?)で、すごいえぇ表情でコヤマ氏をガン見してたリーダーがちょっと意外でした。あんまそういうことしない気がして。


MC。野音大成功しました→アルバム作りました→韓国行ってきました。
マ「その流れで韓国の話になるんだ」
コ「韓国の話しますよ?」
マ「いい司会進行だなぁと」
コ「司会進行しますよ!司会進行、と、歌!ですから(キリッ」
コ「で、韓国どうだったナガイケ?」
ナ「韓国楽しかったですよ。美味しいものいっぱい食べましたし」
コ「いっぱい食べたかー!」
ナ「言ってもモビーと同じぐらい食べてますからね。朝ご飯食べに出たりとかw」
コ「そうか結構食べてたもんなーなのにそのフォルムの違い…あれか、蓄積されてきた分の差か!年齢の差がね、モビーも今のナガイケぐらいの頃は…ね」
モ「いや、あんまり今と…」
コ「フォローしてやってんだよ!w」
モ「すみませんw」
ナ「でもほんと、どの時間に朝食会場行ってもモビいるんですよw」
コ「いる!w」
ナ「6時台に行ってもいるし、9時過ぎて"さすがにいないだろう"って行ってもいるw」
コ「確かに!行ったらいる!前の日結構呑んでたりするんだろ?」
モ「しますねぇ」
マ「ずっと朝食会場にいるんじゃないの?w」
コ「あーおかわりできるしねw 6:30〜9:30のフルでいたりするのか、じゃあいつ行ってもいるわけだわ!w」
コ「何の話だっけ?韓国の話だ」
ナ「対バン相手さんとも仲良くなったり、韓国のハマ・オカモトくんと。僕が勝手に名付けたんですけどw」
コ「ハマ・オカモト。知ってる?ハマちゃんの息子。親父がハマちゃん。…言い方違うだけで同じこといいましたがw」
ナ「この子が日本語上手で、いい人でね」
コ「いい人だったねー!日本語上手くてイヤな奴だったら嫌だよね、日本語で悪口すごく言われたりしてもねw」
ナ「うん、そんな感じで楽しかったです」


MC。岡山について。
コ「ここは今日初めてなんだけど、こういういいところが出来たってのは聞いてて。この前はよく通るのよ、岡山でもよくライブするから。でもここは来たことなくて。
で、夏に東京でフルセットのアコースティックライブやって、これはいいなと。ちゃんとロックンロール出来てるなって。
せっかくだから地方でもやりたいなとなって、そうだ岡山にいいところが出来たって聞いてたから、で今日やりましたー!」
コ「リーダーはここ来たことある?」
マ「ない。でもこの上の『サウダージな夜』、そこは…」
コ「来たことあるの?」
マ「いや、ないんだけどねw」
コ「ないんかい!w 完全に来たことある口ぶりだったじゃんw」
マ「来たことはないんだけどw、でも岡山でライブやるときのスタッフさんとかからは名前を聞いてて。そういうところあるんだ、やってみたいなーと思っていました」
コ「いいよねここ。ここだけじゃなく岡山って文化な感じするよね」
マ「あぁするねぇ…」
コ「その言い方『もううんざり』な感じに聞こえちゃうよw」
マ「いやいや、文化な感じするよねぇ〜⤴︎ 喫茶店もいっぱいあるし」
コ「するよねぇ〜⤴︎w 古いな!w はるな愛みたいな言い方になってるw」
マ「するよねぇ〜⤴︎w」
コ「古い!俺は好きだけどね!w」
コ「そんな文化な感じのする岡山で。ナガイケくんも、今週のビックリドッキリメカみたいなベースで」
マ「それの方が古いよwww」
コ「わかんない人はググってください。今週のビックリドッキリメカ」


アコースティックな故かいつも以上に炸裂するMCを挟みつつ、ムーディでファンキーな演奏を聴かせていただきました。
本編ラスト3曲は座ってるのが辛いぐらい楽しかった!アコースティックな『真夜中のダンスホール』もオツでした。


アンコール。
普段ならギターで鳴らしてるホーンのフレーズを、コヤマ氏がハープで鳴らしてたのがすごいよかった。
じんわりくる度合いがまた違ってよかった…!


モビーさんインスタ

ナガイケ氏Twitter