読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Living March

ライブは続けたいよいつまでも。

東京スカパラダイスオーケストラ「LIVE at Budokan〜The Last〜」スペシャル上映会&トークショー

Newシングルフラゲ日に、スカパラ史上初全国8カ所同時イベント!
誰が登壇するかはその時までのお楽しみ、でした。


**********

東京スカパラダイスオーケストラ
ニューシングル『嘘をつく唇』発売記念!
「LIVE at Budokan〜The Last〜」スペシャル上映会&トークショー
2015年12月8日(火) 18:40/19:00
TOHOシネマズなんば

**********


上映会限定特典があるとのことで、映画館の売店でCD+DVD仕様を購入。
スタッフさんに「レシートが握手会参加券となりますので」と言われ、ここで軽く混乱。
本人稼働…!?これは誰来てもあかんくなるだろうなぁとそわそわしながら着席。

FC先行で取ったチケットは1列目。
メンバー登壇あるので前からなのでしょうが、上映会中はさすがに首痛かった…近すぎて映像ボヤけるし。
しかしそこは映画館、やはり音はいいし迫力あるので観れてよかったです。
映像はおそらくWOWOWオンエアと同じものではないかなと。最後のスタッフロールはなかったです。
印象的なのは『SKA ME CRAZY』。
パーカスさんが袖のカメラに向けてのどアップカメラ目線を、スクリーンの大きさで観れてよかったです!さすがにキュンキュンした!w


上映会終わって、いよいよトークショー。
司会の方(FM802DJさん)がえぇ具合に溜めるw

「それでは登場していただきましょう!東京スカパラダイスオーケストラ、on……ドラムス!茂木欣一!!!」

会場のキャーキャーがものすごかった!
やはり、ライブで観るのとはまた違うテンションがありますよね!
ど本命は大森さんなんですけど、こういうのはほんと欣ちゃんで大正解だなと。
トークスキルあるし(当社比)、サービス精神旺盛だし、メリハリあるし。

トークは武道館ライブを振り返る内容が中心。
そして『来春早いうちに完全版の映像を発売出来るよう進めている』ことが発表され、会場盛り上がる。


会場からの質問。
『最後の音楽が途中止まったのはすごい演出だと思ったのですが、正直本当はどうだったんですか?』
欣「神秘的な音の止まり方だったよね!…あれは止まったんだけどね、でも音楽の神様にこの25年を試されてると思ったよ。
あの間のメンバーの顔が物語っているよね!本当神秘的なアクシデントだった!」


そして大阪なのでRadioCrazyの話。
M「28日に出演されるんですけど、この日は片平さんが出演されてますが!?」
欣「そうだね…やるっきゃないよね…!」
M「他にはMONOEYESの細美さんとか」
欣「細美くん!一緒にやりたいよねぇ!」
M「前の日には10-feetも」
欣「10-feetは京都住まいだよね?ちょっとぐらい帰れなくても大丈夫だよね」
M「あとチバさんも」
欣「チバくんも28日だよね、チバくんとは仲が良いから彼の帰りの切符をボク預かりにしてしまおうかな…!」
M「いやぁ妄想は膨らみますねw」
欣「そう、これはあくまでも妄想ですから!でも何かできたらいいなと思っています」


そして遂に、購入者特典の直筆サイン入ポストカードお渡し&握手会。
欣ちゃんは目ぇ見てニコッとして両手で握手するタイプの方でした。ガシッと握られたので、自分の手の甲に感覚残りました。
よく考えてみたら他メンバーはまだしもドラムさんをこんな至近距離で見ることはライブでもまずないですよね…レア!


公式Twitter

谷中さんTwitter

欣ちゃんTwitter

大森さんTwitter