読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Living March

ライブは続けたいよいつまでも。

SCOOBIE DO TOUR「Funk-a-lismo! vol.10」

今年初のSCOOBIEワンマンライブ。
磔磔での彼らは間違いない!


**********

SCOOBIE DO TOUR
「Funk-a-lismo! vol.10」
2016年3月5日(土) 18:00/18:30
京都磔磔

1.LIVE CHAMP
2.真夜中のダンスホール
3.MIGHTY SWING
4.Plus One More
5.BUKI
6.Na Na Na Na Na
7.踊れ激しく
8.トラウマティック・ガール
9.Funk-a-lismo!
10.ロックンロールは未定
11.その輝きを抱きしめて
12.ファンキー獣道
13.イキガイ
14.It's A New Day
15.アウェイ
16.新しい夜明け
17.Back On
18.また会いましょう

En1.笑う女
En2.伸ばしたその手だけ

WEn.バンドワゴン・ア・ゴーゴー

**********


整理番号170台で、上手5〜6列目あたりに。いつもに比べて男性客が前方にいた印象。
3曲目で謎の圧縮があり、スペースが空いたのでふらふらっと流れに乗ったら2列目まで行けましたw


アルバムひっさげてのツアーということで、アルバム全曲+定番曲+αな内容。
途中コヤマ氏が「CHAMP RECORDSを立ち上げて10年、今日が1番最新の歴史です。今日も最高なロックンロールを鳴らそう!」と煽ってましたが、まさしくその通り。
本当に『今が1番カッコいいバンド』だと感じられたライブでした。
特に今回のアルバムはライブで鳴らすことをイメージして作られたものなので、ライブ映えっぷりが見事。
さらにはアルバム曲が既にアレンジされてて、それがまたものすごくカッコいい!
少し心配していた『ファンキー獣道』でさえすごいよかったですw
(コーラスしてるときのコヤマ氏がまたいい表情されてたのです…)


本筋と関係ないMC。
コ「今年入っていろいろありすぎたよね…〇〇選手、白スーツ着てたんだよねw キャンプかどっか行ったときに。だから『あー』って思っちゃって。
あと〇〇〇〇も白スーツだからねw」
マ「次何かやらかすんじゃないですか?w」
コ「次?白スーツ着てるからね、ってやらかさないよ!w
まぁ既に別のものヤっちゃってますけどね、ロックンロールはギリギリ合法ですから」

コ「磔磔は大好きなハコで。いつも言ってるけど、壁にいろいろなレジェンドたちの看板が貼ってあって。その中で鳴らせるのが本当に幸せです。
アントニオ猪木がやったリングでプロレスしてるようなもんです……っていまいち伝わらないかw
ダルビッシュ有が投げたマウンドで投げるようなもんです……これも違うかw」
マ「例える必要ある?w」
コ「え?じゃあリーダー例えてよw」
マ「えぇ!?w……円楽さんが、座った座布団の上で大喜利を答える〇〇(名前失念)」
コ「それは…w」
マ「急に振らないでくれるかなw なぞかけするなんて聞いてないし」
コ「今日はチェックのジャケットじゃないし」
マ「そうですよ、ねずっちなジャケットじゃないんですから。ほんとやめてくださいw」

マ「学生のとき、よく円楽さんのモノマネしてたよねw」
コ「やってたねw」
(フロア煽る)
コ「やんないよ!w 先代の円楽さんだよ?みんな知らないでしょ」
マ「今の円楽さんじゃないからね、楽太郎さんじゃなく先代の」
コ「先代の円楽さん知らないって人どれぐらいいる?」
(フロアほとんど手ぇ上がらず)
コ「ウソだろw 絶対知らないような世代のコいるじゃん!」
と言いつつ、ちゃんとモノマネしてくれたコヤマ氏。
コ「帰ってから動画検索して答え合わせしておいてくださいw」

マ「さっき演奏しながら円楽さんのこと思い出して、静かな曲なのに笑いそうになったw なんで円楽さんって言ったんだろう…」


彼らのことなので、ライブを重ねるごとにどんどん磨きがかかっていくことでしょう。
このツアーあと5回観れるので、その都度の変化を楽しんで行こうと思います!



リーダーインスタ

モビさんインスタ

ナガイケさんTwitter