読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Living March

ライブは続けたいよいつまでも。

FM COCOLO Presents ROOTS66 -Naughty 50-

Living Music ユニコーン 東京スカパラダイスオーケストラ

仙台公演の感想を受けて、サイド席購入。
見終わって、もう何から言ったらいいかわからんぐらい好きなものばっかりだった…!
約4時間にもおよんだ丙午のお祭り、胸やけ感もあるけどw、本当に楽しかった!


**********

FM COCOLO Presents
ROOTS66 -Naughty 50-
2016年4月3日(日) 16:00/17:00
大阪城ホール

1.メドレー
踊るダメ人間[宮田和弥]~極東戦線異状なし!?[大槻ケンヂ]~セイノワ[中川敬]
~朝日のあたる家[増子直純]~やさしくなりたい[田島貴男]~サマータイムブルース[斉藤和義]
~黄金の月[渡辺美里]~欲望[スガ シカオ]~P.M.A[ABEDON]
~LOVE LOVE SHOW[伊藤ふみお]~BLUE BOY[吉井和哉]~ガッツだぜ!![八熊慎一→トータス松本]

宮田和弥
2.丙午Song
3.さらば愛しき危険たちよ

大槻ケンヂ
4.日本印度化計画 w/斉藤和義

中川敬
5.満月の夕

増子直純
6.オトナノススメ
7.銃爪(世良公則&ツイスト) w/トータス松本,田島貴男

田島貴男
8.接吻
9.Changes(デヴィッド・ボウイ) w/中川敬,吉井和哉

スガシカオ
10.Progress
11.リンダリンダ(THE BLUE HEARTS) w/伊藤ふみお

エレファントカシマシ
12.俺たちの明日
13.メドレー w/斉藤和義
明日なき世界(RCサクセション)〜やさしくなりたい〜ガストロンジャー

渡辺美里
14.My Revolution
15.ロックンロール・ウィドウ(山口百恵) w/斉藤和義,吉井和哉

斉藤和義
16.ずっと好きだった

ABEDON
17.WAO!
18.トンネル抜けて(BO GUMBOS) w/宮田和弥

伊藤ふみお
19.SUNNY SIDE UP!

吉井和哉
20.パール

八熊慎一
21.ルーシーはムーンフェイス
22.氷の世界(井上陽水) w/大槻ケンヂ

トータス松本
23.明星

全員
24.JUMP(忌野清志郎)
25.戦争を知らない子供たち(ジローズ)
26.勝手にしやがれ(沢田研二)


En.YOUNG MAN(西城秀樹)

**********


今回は縦に長くではなく、横に長くステージを作るタイプでした。イベントではよく見かけるタイプな気がします。
自分の席は、ステージを下手側から真横に見る位置。とはいえ、ステージ奥のドラムまで見えたのでよかったです。
きっとあるだろうと信じてたサイド席向けのモニタもありました。
捌けが基本下手で、サイド席から丸見えだったこともあり、お手振りサービスが多く見られた位置でした。


最初のメドレーからもうハイライト。
誕生日順に、次に出てくる人の曲を歌いつないでいく流れ。
ここの時点で渡辺美里さんの歌の凄さに驚きました。『黄金の月』カッコよかったんです…!
爽やかに歌う増子兄ぃも、ふみおさんみたく飛び回って歌うABEDONもよかった!
最後に出てきたトータスさんの"ホンモノ感"も良かったなぁ〜『ガッツだぜ!』久しぶりに生で聴いた。


細かいレポは公式 PHOTO ALBUM|ROOTS66ライブレポート|番組ブログ|FM802 で。
今日イチ泣いたのはエレカシ×斉藤さんでの『ガストロンジャー』。あの曲はあかん!


スカパラ的に。
下手上段が谷中さん、上手上段が沖さん。たぶん閃光のときの青スーツ。
沖さんはほとんど見えず、谷中さん出てきたのは全体の1/3ぐらい?ホーンズ参加でも谷中さん不参加な曲が数曲あったり。
誰かからイジられるとき以外は基本バックバンドとして演奏していた谷中さんと沖さんが新鮮でございました。

お客さんに手拍子煽るときの動きのデカさがいつも通りw 捌けるときのスタンド席へのアピールもさすがなダンディさ。

そして、やっぱりバリトンさんは社交性のかたまりだった!w
「このイベントのグループLINE作ろうよ!」と言い出し、それまでLINEやってなかった兄ぃにも「LINE始めようよ!」とススメまくり、当日アプリインストールさせたとのことwww

アンコールでのYMCAコール回しで、兄ぃに指名されてセンター出てくる谷中さん。
増「サックスでY、M、C、Aって鳴らせ!」
(谷、ムリムリと手を振る)
増「鳴らせって!あぁあれか、鳴らしても同じ音階か!w」
兄ぃに楽器預けて大きな声で元気よく、大きく手振りする谷中さんw
兄ぃから楽器返してもらってにこやかに定位置へ。
増「サックス重っ!!!重すぎるだろ!!!」 (って言ってるのが楽しそうだったw)


ABEDON的に。
黒・地味めな衣装の多い中、金髪・白シャツは目立つ!爽やか!ステキ!
オープニングでのカバーが『PMA』でふみおさんみたく跳ね飛び回ってましたw 英語詞で歌うのが新鮮でかっこよかった。

中盤過ぎ、繋ぎMCで吉井さんふみおさんと共に登場。
吉「ここに立つの、3回めにして初めてなの。どうしたらいいの?」
A「じゃあテーマ決めましょうか。…ところでふみおさん、今日は何故短パンじゃないんですか?」
ふ「…話せば長くなる事情がありましてw」
ABEDON中心に一通り喋った後。
A「私このあと歌うんですけど、抜けてもお二人…大丈夫ですか?w」
吉「うん、たぶん大丈夫w いってらっしゃい」
そのあと吉井さん「ヤック、元気?」などとステージ上をいじり出す。
ABE氏何かを察してか急ぎめで準備、早々に合図を出すw

『WAO!』サビの歌い出しが若干つまる。
2番Aメロ♪RUSHのコ〜だぜ、1個しかないサビなのにツバ絡んで声出ないとかどうなんでしょう、からの♪息が続かねぇ〜!で思いっきり声出していくABEDON。

そのあとの宮田さんとのセッション、やはり2人で歌うことに慣れてるので1番綺麗でした。

アンコールでのYMCAコール回し、最後の方に回ってきて。
増「次、あべどーん!」
大「どうしよう、どんどん大喜利みたいになってきてるよ!」
増「ハードル上がっていってるぞ!」
そんなヒドいフリを受けてABEDON『走れ正直者』を歌い出すw
増「おぉ!w よくやったよくやった!」
ABEDONさらに♪ハウスバーモンドカレーと歌い、十分に役目を果たすw
そのあと普通にコールしてましたが、声の出方が違いました。普段からステージ場で歌う以外の声出してるのでw、通り具合がまっすーぐでお見事でした!


兄ぃ的に。
とにかく喋ってた!エンディングでの曲間も、第一声が基本兄ぃw 沈黙が怖い感がひしひしとw
楽屋でもずっと喋ってたらしく周りから「喋りすぎで声掠れてんじゃん」と言われる始末。
でも後半急に大人しくなったそうで、その理由が『LINE登録して通知の対応に追われていたから』w


沖さんTwitter


谷中さんインスタ