読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Living March

ライブは続けたいよいつまでも。

四星球『四星球vsハロウィン 僕たち年中やってます。』

3月から続いていたアルバム『出世作』リリースツアーファイナル。
そこには斜め上過ぎな結末が待っていました!!!


**********

四星球vsハロウィン
〜僕たち年中やってます。〜
2016年10月30日(日) 16:30/17:30
なんばHatch

**********


めったに見れないアングルなので、今回も2階席にて。
開場中、前日のモリスによる『ひとり前夜祭(カラオケ)』の様子が流れておりました。

時間になり、暗転の中影ナレ
「今日はハロウィン。ここにもおばけがたくさん集まってるようなので、おばけ退治だー!」
と出てきた衣装がアー写と同じ住職!和の衣装は個人的にテンション上がる!


数曲後、とんでもない展開が待っていました。
上手のミニステージに上げられた、白い犬の仮装したおじさんがなぜかビクターの人。
「お忙しいところすみません、今日はメジャー契約のお話をしたくお伺いしました」
この言葉のあとの、会場のざわつきがすさまじかったです。

ただ、ここからが四星球の見事さ。
いろいろなことやってましたが、最終的に言えるのは『とんでもなく丁寧にメジャーデビューすることの説明をした』ってことかと思います。
ツアーファイナルにふさわしい案件ですが、アンコールにパッと発表とかでも成り立つ案件でもあるんです。
ただそれをライブの中心に据える感じが良いなーと。


いろんなくだりあって、『メジャーデビューします!』ってなったあと。

北「この夏いろんなフェス出さしてもらいましたが、メジャー決まってたからではありません!僕たちの実力です!」
北「出世作のツアーファイナルがメジャーデビューって、そんなこと言いたいわけじゃ……ないことぐらいわかってるよな!ごめんごめん野暮やったわ!!!」

この言葉に限らず、こっちがちょっと気になってたこと全部言ってました。
来年1月に発売されるアルバムに同封されるDVDにどれだけ収録されるかわかりませんが、このライブで何が起こったかを少しでも多くの人が見ますように…!


顔白塗りにしたビクターの担当者さん。
「数字で判断されがちなこの世界ですが、"音を楽しむ"と書いて"音楽"なことを四星球のライブで改めて気づかされました。
四星球の皆さん、そしてファンの皆さん。一緒に"音を楽しむ"お手伝いをビクターにさせてください」


U太さんTwitter


モリスさんTwitter


ビクター公式Twitter