読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Living March

ライブは続けたいよいつまでも。

勝手にOTODAMA'16前夜祭! 映画「ドラムマンz」上映会+OTODAMAドラムマンズトークショウ

Living Music 四星球 SCOOBIE DO

『勝手に前夜祭』とはいえ、OTODAMA好きにはとても贅沢なトークショーでした。


**********

勝手にOTODAMA'16前夜祭!
映画「ドラムマンz」上映会
+OTODAMAドラムマンズトークショウ
2016年9月2日(金) 21:50/22:00
シネマート心斎橋

トークショウ出演:
ミスター小西(フラワーカンパニーズ)

スペシャルゲスト>
坂詰克彦(怒髪天)
オカモト”MOBY”タクヤ(SCOOBIE DO)
モリス(四星球)

スティーヴ エトウ

**********


仕事後、東京から来てたお友達と夕飯を済ませ映画館へ。
御堂筋渡る手前の信号待ちで、本屋のビニル袋持ったフラカン竹安さんに遭遇。
2人して驚いた顔のまま声はかけれず。ジロジロ見ましたすみません。


定刻より少し過ぎて上映スタート。
映画自体は小西さんのパブリックイメージにしっくりくる内容。あとのトークショウで知った『当て書きじゃない』というのが信じられないぐらいのハマりっぷり。
小西さんの「ご、ごめん…」の言い方がキュートでございました(当事者やったらイライラするやろなぁっていうぐらいの言い方w

映画終盤の中村達也vsスティーヴエトウのドラムバトルはスゴかった…あれを映画館の音響で観れただけでも良い時間でした。


映画の後、ステージに椅子が並べられてトークショウ。
進行は「清水音泉との癒着がヒドい」ライター鈴木さん。しっちゃかめっちゃかならないためのタイムキーパー役。
鈴「明日オトダマ行かれる方どれくらいいらっしゃるんですか?(会場の半分ぐらい手が挙がる)
えぇそんなに!?この時間にこんなところいて大丈夫ですか?」

小西さん→田中監督→坂さん→Mobyさん→モリスくんの順で登場、そしてサプライズでスティーヴエトウさん!
Mobyさんは翌日のOTODAMAで販売する限定Tシャツ着用。ほんとちゃんとしてらっしゃるw
映画に関するいろいろなお話や、主にモリスくんによる小西さんイジリなど、内容の濃いトークショウでした。


覚えてることをザザッと。
・モ「中村達也さんとスティーヴさんが出てくるところ笑いたかったけれど、ご本人が隣にいてたので笑えなかったw」

Mobyさんの語るポイントがMobyさんらしい着眼点で気持ち悪かった(褒め言葉

・田中監督と小西さんの初対面は撮影初日。
田「これだけいろんな人に『ピッタリ!』と言われてて、事前に会ってガッカリするのも嫌だったので会わないようにしてた」

・ドラムバトルの撮影時、浮島が動かないように助監督さんたちが後ろで支えてた。
ス「あんな臭い川に躊躇いもなく入っていったのがすごいな!と」

・本来演奏モノは、事前にスタジオでレコーディングしたものを撮影時に流して、それに合わせて動くのが基本。
田「でもお二人に『そんなの出来ない!』って言われてしまいましてw それならもう当日録るしかないということで…ものすごい数のマイクセッティングしましたよ」

・中盤過ぎたあたり。
モ「さっきから小西さんだけマイクモゴモゴしてて何言うてるかわかんないです」
おそらく会場中思ってたのか、1番の笑いと拍手w


締めにひとりひとり挨拶。
田「映画完成して、関西でこうやって観ていただく機会を設けていただいて本当に嬉しい。
今後もいろんなところで観ていただきたいので、皆さんSNSや口コミでどんどん拡散していってください!よろしくお願いいたします!」


フラカン公式Twitter

モリスくんTwitter

ライター鈴木さんTwitter



余談。
トークショウ後、一緒に見に行った人たちと『OTODAMA前呑み』ということでなんとなく味穂へ。
「おもしろかったねー」なとど呑んでたら、そのトークショウに出てた、小西さん田中監督Mobyさんモリスくん+前さん竹安さんがご来店。
リアルで∑(゚Д゚)となる我がテーブル。気にしてても仕方ないとはいえこの状況はさすがにビビりましたw